お気に入り

2011年5月15日 (日)

『祝!九州 九州新幹線全線開業CM180秒』

九州新幹線全線開通、おめでとう。
が、前日に震災が起こってしまい、お祝いムードは吹っ飛んでしまいました。
このCMもお蔵いりとのこと。もったいない。。。



震災でとても気持ちが滅入ってしまって
日本大丈夫かなぁって、不安いっぱいな時に
このCMを見て
九州の人達の沢山の笑顔、明るいはしゃぎっぷり・弾けっぷりに
何だか感動してしまいました。ちょっと、泣けてしまった。。。

いいなぁ、この明るさ、屈託のなさ。
何だか励まされるというか・・・
元気と勇気が、そして、日本への愛情が湧きあがってきます。


東北今は大変だけれど、九州は元気そうです。
東北の元気が戻るまで、東北以外の地域で頑張っていこう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

元気が出るお気に入り動画


毎日、勤勉に働いています!
が、 残業続きで、家に帰り着いた時には大抵、疲労困憊です。。。
つい煮詰まったり、すさんだ気持ちになった時は
こういう動画を見て、アハハと笑って元気を出しています↓↓ 


いや~、これ、何回見ても笑えるなぁ~!
ホント楽しい気持ちになる。大好き!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

アマゾンはえらい!

年末頃のこと、急ぎ詳しい情報を集めたいことが出来て
梅田の大手書店をハシゴ。早速何冊か購入したものの・・・
メジャーなテーマなのに、思ってたより数が少なく
ややもどかしい思いでアマゾンを検索してみたら・・あるわあるわ!

キーワードでどんどん関連本が出てくるから、確認できる数は桁違い。
土曜日の午後、サクサク~と10冊程注文したら
月曜夜にまず2冊到着、火曜夜には残りの8冊も到着しました!
郵便受けに溢れんばかりの小包・・・かなり感動モノでした。
すべて中古本にしたので、送料込でも全部で6000円弱で済んで、ラッキー!
(あっ、でもひとつ失敗。うっかり同じ本が2冊届きました。。。)

先日の旅行でも、持参した本の1冊がメチャメチャ面白く
旅先から、続編や同じ著者のエッセイなどを注文しておいたところ
帰宅時には全部届いていて、早速着手することが出来ました。

そして昨日も、月曜日注文分がそろって到着。
いやあ、読みたいと思ったら、3日で手元までやって来てくれるとは
なんという便利さ!なんというスピード感!素晴らしい!
本屋さんで本が売れない理由って、多分こういうところにあるんだろなあ・・・と
ちょっと複雑な気持ちにもなります。

本屋さん、不義理、誠にスミマセン。
新刊はちゃんと、お店で買いますので。。。

昨日届いた内の1冊。↓↓
朝日新聞に連載中の、安野モヨコ「オチビサン 第一巻」
めちゃカワイイ!毎週癒されてます。

Trial_06


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』


ピエドラ川のほとりで私は泣いた。
この川の水の中におちたものは、木の葉も虫も
鳥の羽さえも、岩に姿を変えて、川底に沈むと言い伝えられている。
心を胸の中から取り出して、流れの中に投げ込めるものならば
恋もこの苦しみも終って、私はすべてを忘れることができるだろうに。

ピエドラ川のほとりにすわって、私は泣いた。
冬の空気が私のほおの涙を冷やし、その冷たい涙は
目の前の流れの中へ、はらはらと落ちていった。
この川はどこかでもう一つの川と合流し、さらにまた、別の川と合流して
私の心からも視野からずっと離れたところで、海とひとつになるのだ。

私の涙もまた、ずっと遠くまで流れてゆきますように。
そして私が、かつて彼を思って泣いたことを、私の愛が思い出しませんように。
私の涙が川の水とともに海に流れ込み、このピエドラ川も
ピエドラ修道院も、ピレネーの教会も、あたりをおおう霧のことも
そして2人がともに歩いた道も忘れてしまうことが出来ますように。
・・・・
                         パウロ・コエーリョ
                         「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」

随分昔に読んだ物語の、この冒頭の独白
言葉の響きも表現も、流れるように美しくて
そしてまさにその頃の、私の気持ちそのもので
何度も何度も、繰り返し読み返したものでした。
ちょうど同じ冬の寒い頃のこと
ひしひしとした孤独を感じながらも
どこか、救われたような気持ちがしたものだ・・・
 
実は、この物語自体はあまり好みではないのだけど・・・笑
このくだりはやはり美しく、今も心に響きます。


51sgdkj6c5l_sl500_aa240_


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

「Young Love」

片付かない仕事や、色んな立場の人との調整事にほとほと疲れて
やるせない気持ちの1週間、終了。。。
何とも言えない感じ・・・まあ、こんな感覚もたまにはいいのか。
やっと週末になって、ホッとしていたところ・・・

テレビを見ていたら、坂口憲二・山本太郎・チュートリアルの福田が
3人でサーフィンしていた。
いいなぁ~坂口&山本はかなりうまい!
実を言えば・・・私、一時期サーフィンに熱中していたことがあって。。。
何だかとっても懐かしい気持ちになって、思わず見入ってしまった。
沖合いでボードに乗っかり、波待ちする時の感じとか
後ろから迫ってくる波をつかまえようと
必死でパドリングする感じとか・・・ああぁ、いいなぁ。。。
毎度あっけなく波に飲み込まれて、もみくちゃになるのだけど・・・
何だかねえ、自然の一部になった感じというか
包まれたような感じがして・・・爽快で、心地よくて、安らいだ。。。
大好きだった世界・・・今は何だかとおい。。。

その頃の思い出の、って訳でもないのに
無性にサザンの「Young Love」を聴きたくなり・・・かけてみたら
1曲目のサビで、ああ、もう・・・別世界へ持ってかれたぁ!
このアルバム、ホントに名作なんだなぁ。。。もぅ、たまらん。。。
はぁ、次は「世に万葉の花が咲くなり」、聴こう。。。
これまた名アルバムで・・・サザン、人間国宝・・・。

はぁ、海行きたい~!って思ったら
ちょうど今週末は実家主催の家族旅行で海だった。。。
甥っ子達に囲まれて、何だかちょっと違う感じだけれど
今年は必ず必ず・・・サザンと水着、持って行こう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月30日 (日)

『わたしを束ねないで』

子供の頃、教科書で読んで、とても感動した詩が
昨日の新聞に載っていました。

******************************

「わたしを束ねないで」  新川 和江

わたしを束ねないで
あらせいとうの花のように
白い葱のように
束ねないでください わたしは稲穂
秋 大地が胸を焦がす
見渡す限りの金色の稲穂

わたしを止めないで
標本箱の昆虫のように
高原から来た絵葉書のように
止めないでください 私は羽ばたき
こやみなく空のひろさをかいさぐっている
目には見えないつばさの音

私を注がないで
日常性に薄められた牛乳のように
ぬるい酒のように
注がないでください わたしは海
夜 とほうもなく満ちてくる
苦い潮 ふちのない水

わたしを名付けないで
娘という名 妻という名
重々しい母という名でしつらえた座に
坐りきりにさせないでください わたしは風
りんごの木と
泉のありかを知っている風

わたしを区切らないで
’(コンマ)や.(ピリオド) いくつかの段階
そしておしまいに「さようなら」があったりする手紙のようには
こまめにけりをつけないでください わたしは終わりのない文章
川と同じに
はてしなく流れていく 拡がっていく 一行の詩


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

映画 魔女の宅急便

映画「魔女の宅急便」 が地上波で放送されていました。
とっても大好きな映画・・・何度観ても飽きない。
観るたびに、元気と勇気が湧いてくる。

1989m1_2

どこか好きかと書きかけたけど、きりがないのでやめとこう。
私もちょうど引越して間もないから、今日は特に感情移入しながら
観てしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

「六一〇ハップ」

今 「六一〇ハップ」 という入浴剤を使ってます。

そのレトロなルックスと意味不明のネーミングが気になりつつ
使い心地が想像出来ず手を出さずにいたのだけど・・・

玉川以降、温泉を捜し求める今の私
この前お店で再会し「家庭温泉」というパッケージに即買いでした!

この「六一〇ハップ」
色はウィスキーみたいな褐色ですが、お湯に入れると白濁します。
香りはズバリ硫黄! 温泉そのもの!!

お店で売られている温泉名を冠した入浴剤より
断然ストレートに温泉気分が味わえる、スグレモノでした。

Img_1847

発売元は名古屋市の武藤鉦製薬(株)。
お客様相談室に、ネーミングの由来聞いてみようかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)