« 『日常の様々な「華麗なる瞬間」を捉えた写真』 | トップページ

2011年6月18日 (土)

藤井眞吾先生演奏会【ジュリアナーテ】

本日はダブルヘッダーでした。

2試合目?
夜は、藤井眞吾先生のリサイタルをお聴きしに
丸太町のアートステージ567へ。

今月のテーマはジュリアーニ!

2011_06_2


プログラムは下記の通りです。

嬉遊曲《アンダンティーノ》Op.78-4(ジュリアーニ)

前奏と4つのバガテルOp.100&Op.73(ジュリアーニ)

《ジュリアナーテ Op.148》 より (ジュリアーニ)
No.4 Giocoso No.5 Amoroso

ふたつのスペイン舞曲 (グラナドス)
第2番 オリエンタル 第5番 アンダルーサ

三つの断章
1.動きのあるアレグロ 2.静寂のアンダンテ 3.力強いアレグロ

《はげまし》Op.38 (ソル)

《ジュリアナーテ Op.148》 より (ジュリアーニ)
No.2 Lo Scherzo No.3 Il Sentimentale

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”ジュリアニーテ” だって。。。
ジュリアーニって、自分の名前をつけた曲を作曲してたんですか。
あらまぁ 笑

ジュリアーニは、普段好んで聴く作曲家ではないですが
調和のとれた美しい音楽に和みました。

ソルの《はげまし》 は奥野隆さんとのデュオ。
どちらかというと「アンクラージュマン」 って曲名で有名です。

今迄、タイトルの意味を深く考えたことなかったけれど
Encouragement(仏)

英語でも 同じ単語がありました。
「Encourage 力づける」 の名詞形
確かに「はげまし」です。。。

私、今日はこの曲をとても楽しみにしていました。
何だか無性に聴きたいなぁと思ってたのです。

「はげまし」だけど、気合いが入るとか
気分がアガるとか、そういうのではなくて
ただ温かく、ふんわり優しく
そっと寄り添ってくれるようなメロディ。

「なぐさめ」というタイトルも目にしたことを思い出したけれど
そんな、じめっと暗い感じではなくて
もっと明るく前向きな気持ちが 込められているような。。。

聴きながら、タイトルを噛みしめながら
私、何だかちょっと泣けてきました。

ちょうど今、辛いことや不安なことをいくつか抱えていて
ただ粛々と、立ち向かっているところなのだけれど

演奏を聴いているうちに
大丈夫、と思っていた自分が、実はすっかり弱っていて
心も何だか、カチカチになっていたことに気づいた。。。

優しいメロディが、どんどん胸に入ってきて
弱った気持ちを包み込み、ふんわり和らげてくれました。
ホッとしたというか、力がちょっと抜けたかな。

ソル&藤井先生、素敵な曲、ありがとうございました。

演奏会後、久々にお会いした皆様とお酒飲み。
久々に色々お話し出来て、いやあ、本当に楽しかったなぁ。
荒んだ気持ちが(しつこい? 笑) またまた和んで
いつもの調子の私が復活でした。

音楽でも、おしゃべりでも
とっても励まされた演奏会でした。

藤井眞吾先生、マンサーナ様
会場でお会いした皆様、ありがとうございました。



|

« 『日常の様々な「華麗なる瞬間」を捉えた写真』 | トップページ

コンサート・演奏会」カテゴリの記事

コメント

本日は本当にありがとうございました。
とても楽しくお酒がのめました(^^ゞ

また行かれるときは ぜひご連絡ください
パーティーの報告を致します

投稿: あいあい | 2011年7月 2日 (土) 22時52分

アイアイ

コメントありがとうございます!
私もとても楽しく過ごさせて戴きました。
ありがとうございました。

パーティ・・・どうだったかしら 笑

8月、どちらかはいらっしゃるのですよね。

ご連絡はどうしたらいいかしら。
もしお忘れでなければ
ご予定が決まったら
このブログ下のメールでお知らせ下さい。

まあ、お店でばったりも楽しいけれど。。。笑

またぜひお会いしましょう!

投稿: | 2011年7月 4日 (月) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196247/40464219

この記事へのトラックバック一覧です: 藤井眞吾先生演奏会【ジュリアナーテ】:

« 『日常の様々な「華麗なる瞬間」を捉えた写真』 | トップページ