« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

南三陸町へ支援物資を送りました

ジャーナリスト山際澄夫さんがご自身のHPで
南三陸町の被災者の方々への直接支援を呼び掛けておられます↓↓

○【ダンボール一箱で結構です。
 南三陸町の被災者に直接、支援物資を送りませんか】

*山際さんにメール→山際さんから現地世話人の方の住所返信
  →各自で現地住所へヤマト運輸で発送→到着は山際さんHPで確認、というフローです。


早速、私も山際さんにご連絡し
現地で世話人をされている方のご住所を戴きました。
その方は三陸町でも中心地から離れた、岬の先にある集落の漁師さんだそうで
その集落でも大半の家が流されてしまい
約100名の方々が、残った家で避難生活しておられるとのことです。
電気ガス水道はまだ復旧せず、行政からの支援も減ってきているそうです。

何をお送りしたらお役にたてるのか・・・考えあぐねて
直接にお電話してみました。

何もかも足りないとのことでしたが(当然ですよね・・・)
特に子供や女性向けのもの、消費財が足りないとのこと
家を失くされた方で、プレハブの家を建て始めた人もおられるそうで
その方々の為の台所用品や日用品もあれば、とのことでした。

本日、量販店や100円ショップなどをハシゴして買い集め
段ボール箱に詰めて、ヤマト運輸さんへ ↓↓
大きな段ボール箱を探して持ち帰るのが案外大変でした・・・ 汗

P4240275


(オムツ、ティッシュ、生理用品、歯磨き、歯ブラシ、入歯安定剤、ヘアブラシ
衣類用除菌消臭スプレー、フライパン、お鍋、包丁、お玉、キッチンはさみ、ピーラー
ゴミ袋、ゴム手袋、食器洗いスポンジ、サランラップ、紙皿、紙コップ、お酒、新聞 etc)

これだけじゃ、すぐに使い切ってしまうだろうけど
でもまあ、何も送らないよりは。。。

南三陸町ご出身の方の支援ブログもどうぞ↓↓
南三陸町とその周辺地域への祈り

世話人の方と、お電話切る前に
「大変ですが頑張って・・・」と言いかけて、「あっ、いえその・・」と言い淀むと
アハハと笑って 「頑張りますよ~」 と仰って下さいました。
ご立派な方だなぁ。。。

テレビで見てても、東北の皆さんは本当に立派だなあとつくづく思う。
同じ日本人として、見習いたいし、日本全体でずっと支えていかなければ。

このブログに来て下さる皆様
ご賛同戴ける方がおられたら、ぜひ山際さんへメールお願いします。
(このブログのメールで私へ戴いても結構です)
南三陸町の複数の地区へネットワークを広げておられます。
マンツーマンで、東北をサポートしていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

第7回 大阪国際室内楽コンクール&フェスタ

大阪国際室内楽コンクールは
3年に1度、大阪のいずみホールで開催される
弦楽と管楽の2部門で行われる室内楽の国際コンクールです。

S7jcmf

HPはこちら↓↓
http://www.jcmf.or.jp/competition/index_j.htm

このコンクールには「室内楽フェスタ」という部門があり
こちらは課題曲や楽器や年齢の制限もなし
クラシック音楽に限らず各国の伝統音楽・民族音楽も対象というものです。

私前回このフェスタを聴きに行ったのですが
とにかく世界中の様々な音楽を次から次へ聴くことができて
めちゃめちゃ楽しかったのです。
(詳細はぜひ、2008年の過去記事ご一読下さい↓↓)

コンクール予選1日目
コンクール予選2日目
コンクール本選1
コンクール本選2


フェスタの日程は下記の通り。

予選:5月21日(土)~22日(日)11:00~19:00
本選:5月23日(火) 11:00~16:30

聴きに行くだけではなく、審査員としても参加出来ます。
予選のみ・本選のみでも大丈夫ですよ。
(申込締切は4月20日(水)です)

出場団体もHPでチェックできますが・・・
オーソドックスな弦楽五重奏や木管五重奏の他
ピアノ&サックス、ヴァイオリン&チェロ、ドムラ&アコーディオン
リトアニア・ロシアの民族楽器グループ etc
おお、ギターデュオも3組います!
うち1組はヴァイオリンとのデュオ・・・何弾くのかな??

ちょっと心配なのは、地震の影響。。。
参加を見合わせる団体もおられるだろうなぁ。。。
せっかくのコンクール、つつがなくと今からお祈りします。

私は当然ながら全日申し込み完了です!
残念ながら、前回は会場は空席も多かったのでした。
このブログにお越し下さる皆様
お時間のある方はぜひ、いずみホールまで!
世界の音楽をご一緒に楽しみましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

アンサンブル・リュネット 第4回定期公演

メガネ男子フルーティスト4人組のアンサンブルユニット
アンサンブル・リュネット の定演に行って参りました。
(リュネット=メガネ 笑)

先日の大萩さんの演奏会でゲスト出演されていた
江戸聖一郎さんが参加されています。

江戸さん、素晴らしい演奏だったけれど
この忙しい時期、新大阪まで聴きに行くモチベーションになったのは
ひとえに、このチラシ↓↓

B0120868_034230

B0120868_035894

ちょっと尋常じゃない。。。
江戸さんなんか、白目むいてますよ?!
これって一体どういうことか?一体何が起こるのか・・・??
確かめずにはいられず・・・

会場のムラマツリサイタルホールへ。
何と満席でした。大人気のようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プログラムは下記の通り。

ダンシング・パルス/谷風佳孝 編曲
おはよう!/酒井格
アンサンブル・リュネットのための《エイト・レンゼス》/清水慶彦
交響曲第31番「パリ」/W.A.モーツァルト

ダンシング・パズル/谷風佳孝 編曲
交響神第31号「バリ」/森本英希
白鳥の湖/アンサンブル・リュネット 編

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

演奏、素晴らしかったですよ。
フルートの、コロコロ軽やかに転がりフルフルと響く音色にうっとりでした。
前半の3曲位迄は、至って普通の(真面目な?)カルテット。。。

このユニットのテーマのひとつはパロディだそうで
ご覧の通り、今回のプログラムにも沢山散りばめられてます。
「バリ」は、パロディといえど、すごく素晴らしい曲でした。

前半の途中からはまあ
踊ったり、歌ったり(!)、フルート以外の楽器が出てきたり・・・
ネタバレなので書きませんけど
想像以上に斬新、そこまでやるの?というパフォーマンス
めちゃ楽しく、大笑いしてしまいました。

アンコールは
なんと、ACの「ありがとウサギ」のCM曲でした。
「ぽぽぽぽーん」 って。。笑 

皆さん、演奏も含め、才能に溢れたパフォーマーでした。
ホントにまあ、あんなに大笑いしたのは久しぶり。
滅入ってた気持ちがスッキリしました。

会場で、ワダさんとフクダさんとばったり再会。
3人で久々にお酒飲みながら、あれこれ情報交換・ギター話。
楽しかったです。

リュネットの皆さん
素敵な演奏会、ありがとうございました!

定演は、毎年4月1日だそうですが
来年も聴きにいきますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »