« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月20日 (日)

大萩康司さん演奏会@大阪フェニックスホール

本日は大萩さんの演奏会へ。
会場はフェニックスホール。

大萩さんの演奏会・・・何と何と、昨年6月以来でした。
何だかなぁもう・・・ありえないよ。
去年はホントに、仕事以外には余裕なかったからなぁ
こんなトホホなことになる。。。

今回は、フルーティストの江戸聖一郎さんをゲストに迎えてのプログラム。
前半はソロ、後半がデュオでした↓↓

アルハンブラの思い出(タレガ)
12月の太陽(ゲーラ)
植物組曲(小出稚子)
組曲ホ短調 BWV996(バッハ)

3つの無窮動(プーランク)
海へ(武満徹)
タンゴの歴史(ピアソラ)

アンコールは
さくらの主題による変奏曲(横尾幸弘)
ティコ・ティコ・ノ・フーバ(アブレウ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江戸さんとは、昨年秋吉台で行われた講習会でご一緒され
意気投合されたとか。

江戸さん、何というか、イケメン・・・って感じではないですが(失礼)
関西の人らしく話し上手で盛り上げ上手、とっても魅力的な方でした。
もちろん演奏も素晴らしかったです。

演奏会、ソロも素敵だったけど
やはり、デュオが楽しかったかなぁ。
「タンゴの歴史」は・・・メリハリたっぷりでカッコ良かったですよ!
気心のしれた仲良しさん同志の演奏は、楽しいんでしょうね
お二人ともノリノリ&ニッコニコでした。

それから・・・なんと、米子のマドカさんが突然現れた!
ビックリしたぁ~。教えてくれてたらよかったのに!
「行ったら絶対いると思って・・・」 だって。いたずらっ子ですね・・・
思いがけない久々の再会、嬉しかったです。

大萩さん、江戸さん
素敵な演奏会、ありがとうございました。
またお二人のデュオ、ぜひお聴きしたいです!

マドカさん
すっかり驚かされました。
次は私が米子へ電撃訪問しますねぇ 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

祝 母のバースデーパーティ♪

1年って早いなぁ。
母のお誕生日がまた巡ってきて
恒例のカニパーティを開催しました!

P2190265_4

毎回、「最後の晩餐は何がいいか」 という話題が出て
母はいつも「カニ」、妹は大抵「のての焼肉」 と答えます。

私といえば、究極の好物というのは特になくて
毎回 「母の天ぷら」とか「母の鯵の南蛮漬け」 とか
「実家で食べるかつおたたき」 とか、言っています。。。

私は外食好きで、色んなご馳走を戴いてる方だと思うのだけど
やっぱり、「はぁ、うんまいなぁ・・・」ってしみじみ感動してしまうのは
母の手料理かなあと思う。
まあ実家を離れて随分経って、自炊もいい加減なぶん
母が、旬の食材で作ってくれる料理というのは
本当に美味しく思える。。。
「最後の晩餐」はやっぱり 「母の手料理」で異論なし!

お母さん
お誕生日おめでとう!
新しく始まる1年、毎日楽しく愉快に過ごして下さい!
美味しいご飯、いつもありがとね。
これからも、お邪魔した時には、ぜひよろしくお願いします。

おまけ。
最近のジュンジュン↓↓
相変わらずいつもご機嫌さん♪の、いいこです。んもう激激カワです~

P2190269_2

(お兄ちゃんのコウコウは、最近写真撮らせてくれない・・・ 涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

小豆島現実逃避ツアー

何だか2月にして、もう気持ちが荒んでいます。。。

これじゃいかんと、エイミーに付き合ってもらって
気晴らし・現実逃避ツアーに行ってきました。

私の現実逃避イメージは
雪の南アルプスを望むような、山の温泉宿だったんだけど。。。
海派エイミーの提案は、完全ノーマークの小豆島!
まあ・・・温泉もあるというので、決定~

小豆島までは、まず新快速で姫路迄1時間
市バスで姫路港まで25分、港からおりいぶ丸で1時間40分

Syodoshima1

更にホテルのバスで30分で、ホテルへ。
色んな乗り物に乗れて、結構楽しかったな~

この日はちょうど近畿地方に大雪が降り
小豆島も雪景色になってました。

部屋からの眺め。
オーシャンビューに加えて雪景色!
んん~何だか私のイメージ通り!!まさに南アルプス天然水??最高だ~~

Shodoshima10

温泉も眺めがよく最高でした!!やっぱり温泉はいいなぁ~

Syodoshima2

温泉でまったりして、晩御飯食べて、お部屋で飲み会。
でも、大量飲酒は控えて、ゆっくり就寝。。。
(らしくないけど、やっぱり疲れてた。。。笑)

次の日は島内を見て回りました。

まずは小豆島オリーブ園へ。
小豆島でオリーブの栽培が始まったのは1908年とのこと。
樹齢100年を超えるオリーブの原木がありました。↓
すごい大きい!

P2120245

園内はオリーブの木が沢山植えられています(って農園だから当然か)。

Shodoshima6

園内にはギリシャの風車もありました。

P2120251_2

オリーブ園前のバス停表示↓↓オリーブバス 笑 可愛いな~

P2120255_2

次に、マルキン醤油記念館へ(写真は工場です)↓↓

671881_2

そう言えば、ウチの家のお醤油はずっとマルキンですよ。
ここで作ってたんですね。
小豆島のお醤油って有名ですが、本当にお醤油屋さんがアチコチにあります。
すごいですよ~

昔使われてた大樽。(駐車場におもむろに並んでます)

Shodoshima9_2

記念館の裏出口を出ると、工場です。

Shodoshima8

工場構内に佇む、懐かしの円筒形ポスト。。。
これって今は珍しいですヨネ??(そうでもない?)

Shodoshima13

午後、ホテルから港へ送迎してもらい、来たルートで帰阪しました。

小豆島、とても素敵でしたよ。豊かな島だな~とつくづく。
風光明媚で、お醤油にオリーブに、お素麺と、食文化も豊か。。。
交通の要所で、昔から栄えてたのが良く判ります。
またぜひ遊びに来たいです。

余談ですが、オリーブ園でオリーブの苗木を2つ買って持ち帰ったのですが
それを見たバスの運転手さんや、港のおじさんが

何だか嬉しそうに
「苗木かったの??」 とか声をかけて下さいました。

小豆島の人はやっぱり、オリーブが可愛くて、愛着あるんですね。
おじさんたちニコニコで、好印象でした。

苗木は、実家の庭に植えてもらいます(母に)。笑
順調に育てば3年後には収穫できるそうで、リアルに楽しみです。

エイミー
とっても楽しかったですね!
現実逃避は大成功!とってもリフレッシュできました。
付き合ってくれて、ありがとう!

 



| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »