« Alle!大輔&日本代表 | トップページ | 『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』 »

2009年2月21日 (土)

スターウォーズ エピソードⅢ シスの復讐

今日、地上波で放送されていました。
私が始めて映画館で見た映画が
おばあちゃんに連れていって貰った「スターウォーズ 帝国の逆襲」でした。

当時小学生だった私には大人過ぎ
加えて続編なので、よく判らないことも多かったけれど・・・
とにかく壮大な物語に、幼心に強烈なインパクトを受けました。
以来、スターウォーズには思い入れアリです。。。

これは1話目「新しき希望」のショット↓↓
ハリソン・フォード、若い~! レイアのこの髪型にめちゃ憧れた。。。
Star20wars20new20hope_04

スターウォーズは、クラシックといわれる旧3部作と(帝国の逆襲はその2話目)
最近になって作られた新3部作があります。

クラシック3部作の最後は、宇宙に平和が戻り
かの有名な悪役「ダースベイダー」が実は・・・というエンディングでした。
新3部作は、時代を遡り、何故ダースベイダーが悪の世界に入ったか?
いかに宇宙は帝国軍に支配されるに至ったか?を描いています。

エピソードⅢは新3部作の3話目↓↓
クラシックにつながる大事な物語なのですが
ん~私、公開時には見損ねました。。。

Star_wars_episode_3_revenge_of_the_

だって、何だかね、新3部作って、主人公や宇宙が
悪に飲み込まれてゆく物語ってのが判ってるだけに、どうも気が重い。
3話目はとうとうそれが決定的になるので、なんか気が進まなかった。。。

今回見てみると案の定、主人公アナキンは血気にはやり
やすやすと手玉にとられ、暗黒面に支配されてゆく~~
はあ~・・・男前で才能はあれど、思慮浅くて、ほんとバカ者!見てられない!
もっと謙虚に、師匠や周りの言う事聞かなきゃダメじゃないの!

師匠と弟子↓ まだ一緒に戦ってます。
Starwarsepisodiiimoerkretshaemnd_27

勇ましい女王様だったパドメも、ただの恋する女になってつまらないし
最後の顛末もガッカリ。な~に一人で絶望してるの。。。
アナキンの暴走で、善なるジェダイ達が次々と命を落とし
共和国が乗っ取られてゆくさまを見るのは、とても辛かった。
何だかなぁ、クラシック3部作での主人公達が、素直に自分を高め
善の方向に成長して行くのとは対照的に思えました。。。

最後には、とうとうダースベイダーが誕生~
オビワン、詰めが甘いぞ。。。
ヨーダは動きがすごいシャープで、めちゃめちゃカッコ良かったです。
皇帝とマジで戦うヨーダ、最高でした。

双子を預かってくれた2組の夫婦は、素敵そうな人達で安堵。
ここから17年後位?を経て、あの物語が始まるのか~と思うと
何だかはるばるした気持ちになったエンディングでした。

改めて、クラシック3部作見たくなりました。
特にエピソード6の、ルークとベイダー卿の最後の対決と
皆の笑顔が揃う大円団を見て、ホッとしたいぞ~・・・

|

« Alle!大輔&日本代表 | トップページ | 『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196247/28282629

この記事へのトラックバック一覧です: スターウォーズ エピソードⅢ シスの復讐:

« Alle!大輔&日本代表 | トップページ | 『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』 »