« コンクール 本選 1 | トップページ | 大萩康司さん@西宮&大阪 »

2008年5月27日 (火)

コンクール 本選 2

バス&チェロのデュオは
おかっぱ風&もじゃもじゃ頭の、いかにも東欧系ルックスの男性2人組。

ピアノ&チェロで、ドボルザーク:スラブ舞曲集より。
次にバス&チェロで
ポペルカ:コントラバスとチェロの為の古典的スケルツォ。
2曲とも結構淡々としていて、平坦な印象。
あれれ?少し心配になってきた。期待してるのに・・・

ハルヴォルゼン:パッサカリア
コントラバスがこれ弾くか!という感じのすごく速いスケールを、2人弾いてゆく。
チェロ、やはりちょっと、音が伸びきらないというか、いっぱいいっぱいな感じ。
駆け上がるようなスケールの、ハイポジションの最後の高音
チェロの音程がほんのちょっと狂って、ああ・・・
その後も、音がかすれたり、揺らいだり・・・かなりきわどい感じが続き
息をのみながら、聴き入る・・・
お2人のお顔もどんどん険しくなっていく。。。

最後の曲は、再びピアノ&チェロで
マルティヌー:スラブ民謡による変奏曲。
お2人、この曲も、負けずひるまず、ひたすら前に進んでいきました。
この曲に入ってチェロ、のってきた!

そして曲中盤・・・静かなところが終り、さあラストへ、というところで
チェロの方、ちらりと後ろの相棒に目線をやり、ニヤリと笑った。。。
演奏開始して既に20分が経過
それまでを多分必死で乗り切り、余裕なんてなさそうに見えて、その不敵な微笑・・・
最後の10分弱、「いくぜ!」って、ギアを入れた感じだったのかしら。

何でしょうかねぇ、ハラハラして損した??笑
チェリスト魂?を垣間見た、というか。
それから最後に向けてのチェロは・・・いやあ、大変素晴らしかったのです!
(もちろんピアノも)
彼の中のすべてを叩き出してるという感じ
全身全霊で弾いてるというか、勝負してるというか
弾ききってやる!という気概が伝わってくるような、鬼気迫る演奏で・・・
彼らが発するエネルギーに
何だか私、めちゃめちゃ感動してしまいました。。。
クライマックスを聴きながら、私の1位が入れ替わっていきました。。。

ジャ~ン!と最後の一音を弾き終えると
観衆は、ちょっと戸惑ったような間の後に拍手。
・・・あれれ?
もっと熱狂的な喝采が巻き起こると思ったのだけど・・・何故?
私は素晴らしいと思ったけれど・・・違うのかなぁ、ダメなのかなぁ・・・??

私は精一杯の大きな拍手とオーラを送りました。
お2人、私は感動したよぉ~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1時間強の選考結果集計の後
まず、先に行われた第一&第二部門の表彰式があり
その後、フェスタ部門の発表と表彰式!

まず3位は・・・ロシア美女。
やっぱりね!
そして2位に・・・何と何と・・・バス&チェロコンビが~!

うわあ~!なんだなんだ!!
みんなも、良かったって思ったんじゃないの!
ロシア美女のほうが断然ウケてたけれど・・・良かった~!すごく嬉しい!
彼らも嬉しそうでした!

そして1位は・・・当然?ロシアの先生達。
が、先生達は「信じられない!!」というご様子で、すんごい嬉しそうでした。
非西洋音楽系の最高位に贈られる「フォークロア賞」とダブル受賞で総取り状態。
関係者によると、ロシアの先生達、予選から圧倒的な支持をうけ
本選でもぶっちぎりだったそうです。ホント、文句なし!ですね!

Img_examine01

(↑↑勝手にゴメンなさい!主催者hpより)

バス&チェロのお2人にお祝いと感動をお伝えしたくて
表彰式終了後、暫くお待ちしてたけれど
皆様もろもろ連絡事項とか取材とかおありのようだったので
後ろ髪を引かれながら、会場を後にしました。残念・・・

バス&チェロも、その他の皆様も
再び演奏をお聴きする機会は殆どないだろうなあ。
一期一会の出会い・・・寂しいような気持ち。
でも素晴らしい演奏と感動で、満足感で一杯でした。

受賞された皆様、本当におめでとうございます。
受賞を逃した皆様も、素晴らしい演奏、ありがとうございました。
これからのご活躍、心からお祈りしています。
またいつか、日本にいらっしゃって、素敵な演奏聴かせて下さいね!

いやあ、コンクール楽しかった!
大満足の3日間でした!

(おわり)

 

 

|

« コンクール 本選 1 | トップページ | 大萩康司さん@西宮&大阪 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196247/21246117

この記事へのトラックバック一覧です: コンクール 本選 2:

« コンクール 本選 1 | トップページ | 大萩康司さん@西宮&大阪 »